病院紹介

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9

院長挨拶

院長写真

2018年4月21日で無事開院三周年を迎えることができました。これもひとえに信じて通院して下さるオーナー様に支えられてこそ。その期待に応え、愛する家族である動物達の健康に少しでも寄与できるよう今後も精進を重ねていくことを、月並みではありますが、ここに誓い、改めて襟をただす今日この頃です。

今でこそお話できることですが、救急医として長い年月を過ごしたことを誇りであり強みとして当院開業を迎えたものの、出来たばかりの街の小さな病院に昼間から緊急症例が次々と飛び込んでくる筈もなく、予想していたこととはいえ、多忙だった夜間救急時代とのギャップに不安を覚える日々が当初は続きました。しかし救急医療で培った技術やノウハウをアレンジすることで、動物にとってもオーナーの皆様にとっても今までにない満足度の高い病院をつくることがきっとできる。この信念は曲げずに日々の診療を続けた結果、なんとか無事三周年を迎えることができました。

しかし現状の体制に全く満足はしておりません。ある偉人が宣うた「停滞は後退なり」という言葉を手本とし、常に今より良質の医療、良質のサービスを提供するために今後も邁進していく所存です。これからもどうか末永くよろしくお願い申し上げます。

港北どうぶつ病院 院長 新井勇人

当院からの約束

  • 1.スピード

    スピードは救急医療においては生命線でした。できるだけ無駄な時間や手間を省く。そのためのシステム、手法、精神を街の動物病院としてアレンジすることで、皆様にストレスが無い快適な時間の提供をお約束します。

  • 2.結果を出す

    さてスピードを重視しますが、おざなりな診療では意味がありません。救急医療では見落としが生死に直結します。必要な検査は厭わず原因を追求し、それに合致する治療をおこなって結果を出す。なんとなくダラダラと検査や治療を先延ばししない。この精神こそ動物のストレスとオーナーの不安を払拭する最短距離と考えます。

  • 3.明快

    「当院はわかりやすいインフォームドコンセントを重視し・・・」などとは謳いません。当たり前だからです。病気の説明、治療や手術の効果とリスク、見通し、予防の是非、食餌の管理、費用等々。全てにおいて明確。曖昧さを極力無くし、ハッキリものを言う病院です。

病院情報

病院名 港北どうぶつ病院
院長 新井勇人
所在地 〒224-0027 横浜市都筑区大棚町3004-1 アクセスページへ
電話番号 045-620-5550
休診日 金曜日

動物保険

当院は以下の動物医療保険対応医療機関です。
診察受付時に保険証をご提示頂ければ、窓口での保険清算が可能です。
それ以外の動物医療保険も全て対応可能ですが、その場合は実費をお支払い頂き保険清算は後日となることをご了承下さい。

anicom アイペットペット保険対応動物病院