新着情報

お知らせ

犬猫の異物誤飲情報サイトを当院院長が監修しました

犬猫の異物誤飲事故に関する情報はネット上に溢れていますが、正しい情報と間違った情報が錯綜しオーナーの皆様を困惑させている状況です。そこで夜間救急動物病院で院長職を務め、2000件を越える異物誤飲症例に接し、500件以上の内視鏡による異物摘出を経験した当院院長が監修を担当した異物誤飲時の決定版情報サイトが作られました。
いざそれが起こった時に、まず何をしたら良いか?病院に駆け込む前に何をすべきか?等々、院長の経験に基づいた貴重な情報が多数記載されておりますので、当院をご利用の皆様も是非ご活用下さい。

誤飲